ホーム米麹を使ったおいしい甘酒の造り方

当店の米麹は最新設備の中で長野県産の米を昔ながらの製法で手造りしています。
半生タイプで程よく水分を含み糖化力にすぐれ、香りの良い米麹です。
こちらでは米麹を使ったおいしい甘酒の造り方をご紹介いたします。

材料と道具

  • 約50~60℃に温めたお湯・・・400cc
  • ご飯・・・約2合
  • 米麹・・・700g
    ※吟醸米麹など、酵素の力が強い半生米麹を使いましょう。
    ※乾燥麹は、酵素の力が半分になります。
  • 甘酒発酵器(炊飯器もしくは保温ポット)
    ※甘酒発酵器は当店で販売しております。商品はコチラ
  • 温度計
  • タオル
  • しゃもじ
  • 軽量カップ

造り方

  1. ご飯約2合を50℃ぐらいに冷まします。
  2. 米麹を米粒状になるまで手でほぐします。

    ※もし、米麹の香りが気になるのであれば約50℃のお湯で洗い、ザルに上げてからご利用ください。
  3. ご飯と米麹をよく混ぜます。
  4. 先ほど混ぜたものを炊飯器または保温ポットに入れたら、約50~60℃のお湯をヒタヒタまで入れます。
  5. ふたをして8~10時間ほど、50~60℃の温度で保温します。

    ※2時間おきによくかき混ぜましょう。
    ※温度計を使って65℃以上にならないよう保ちましょう。
    ※炊飯器の保温機能をそのまま使うと65℃以上になってしまうため、ふたが閉まりきらないよう箸を挟むか、ふたをしてコンセントをはずすと65℃以上になるのを防げます。
  6. 釜から出して冷ましたら出来上がりです。

    ※お召し上がりの際、お好みの濃さに調整して一度温めると風味がよくなります。
    ※甘酒は冷ましてもおいしくお召し上がりいただけます。
    ※冷凍保存をすると、約1ヶ月保存可能です。

以上がおいしい甘酒の造り方です。ご自分の好みに合わせて保温する時間を長くすることで甘さを出す事が出来ます。また甘酒は冬にはホットで身体を温めたり、夏には冷やして夏バテ予防として飲むこともおすすめです。

ご飯を使わず米麹のみで造る場合ですと2.→4.→5.→6.の工程だけなので、より気軽に造れます。

米麹 米麹

当店では通販にて、甘酒造りにおすすめの酵素の力がとても強く、糖化力の高い米麹を販売しております。長野県産の米を使い無添加で仕上げました。他にも麹漬けの素やこうじみそなども販売しています。良質な米麹をお探しなら、ぜひ当店をご利用ください。

関連ページ:健康と美容におすすめの甘酒

・ 『 吟醸米こうじ 』のご購入はコチラ

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス