ホーム味噌の豆知識

日本の伝統料理に欠かせない味噌ですが、実は古代中国が起源だと言われています。また、味噌は造られる土地によっても風味や味わいが異なってくるのです。こちらでは味噌の豆知識についてご紹介いたします。

味噌の歴史

味噌の起源は古代中国で造られていた醤(ひしお)が原点と言われています。醤は大豆・麦・酒・塩などを混ぜて発酵させて造られていました。それから醤は飛鳥時代に日本に渡り、当時は寺院や貴族階級のみしか食べる事の出来ない貴重な高級食材とされていました。しかし当時の味噌は味噌汁としてではなくおかずとして食べられていました。

日本の味噌

室町時代になると庶民の食事にも味噌が組み込まれるようになりました。当時の味噌汁はタンパク質の補給資源の大豆のを残したまま食べるのが普通でした。しかし、鎌倉時代になると当時の幕府の頭脳的な役目を果す禅寺によって、味噌の粒をする基盤が出来たのです。現在にも伝わる味噌料理はこの頃に作られるようになったのです。

味噌の種類

味噌は原料別に種類分けが出来ます。米味噌・麦味噌・豆味噌など、それぞれの土地や風土に根ざした味噌があるのです。また、その土地にある麹を使用して造るので色や味わいも異なってきます。こちらではそれぞれの味噌の特徴についてご紹介しています。

● 米味噌

日本で一番多く造られているお味噌。信州味噌のような辛口や高山味噌のように甘口な味噌など、様々な種類があります。また白味噌・赤味噌など、色で分類される事もあります。

● 麦味噌

麦味噌にも辛口と甘口があります。主に四国・中国地方・九州で造られる事が多いお味噌です。米味噌のように白や赤はないのが特徴的です。

● 豆味噌

大豆・食塩・水・豆麹を使用して造られます。八丁味噌や名古屋味噌などの名称で呼ばれており、造り方によっては長期保存が可能となります。

当店では多くのお客様に麹味噌を食べていただきたい思いから、減塩仕込の麹味噌の通販を行っています。リピーターの多い麹味噌・玄米麹味噌・唐辛味噌の3種類が入った詰め合わせの販売も行っており、贈り物としてもおすすめです。その他にもさっぱりとした味わいが特徴的な甘酒も取り扱っています。商品をご購入の際はぜひ通販をご利用ください。

・ 『 【1年熟成】こうじみそ(粒) 』のご購入はコチラ
・ 『 【1年熟成】こうじみそ(こし) 』のご購入はコチラ
・ 『 【1年熟成】玄米こうじみそ 』のご購入はコチラ
・ 『 贈答用 』のご購入はコチラ

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス